HOME >  今だからこそ地方から起業するべき3つの理由

今だからこそ地方から起業するべき3つの理由

地方からの起業

起業コンサルタントの牧野です。

本日は地方から起業するべき理由についてお伝えしたい。

私も10年前に田舎の長野県から上京して
現在いくつもの事業を手掛けている。

私の場合、全てがネット集客であると言っていい。
つまり、現代ではネットを有効活用すれば
地方での起業も容易に出来る時代なのだ。

このメリットを活かさない手はないだろう。
この記事を読め場、地方からの起業にメリットを感じ
地方在住者でも起業をしたいと思う事だろう。

しっかりとネットを活用して
起業を成功させて欲しい。

現代だからこそ地方起業

地方での起業は難しい業態もある

これからの時代、地方から起業する人も多くなるだろう。

現代では、ネットがあれば地方からでもモノを売る事は可能になった。

あるいは、ネットで集客して、
出張してサービスを提供するという事も可能になった。

東京等の都市にだけ起業するチャンスがある
という時代では無くなったのだ。

確かに情報やマーケット等においては東京が一番であり、
異論の余地はないだろう。

しかし、物価の高い都会にいるよりも、物価の安い地方に移住、
あるいは地方出身者であればそのままネットを活用して地方起業をする。

やがて、それが地元への貢献にも繋がる。そんな事も可能となったのだ。

私はダンススクールで起業をするため上京した。
確かにダンスマーケットはまだまだ地方にニーズは少ない。

それは全国にFC展開してリアルに分かった事実でもある。
東京のニーズとは比較にならない程需要が少ない。

例を挙げると、ネット検索で「東京ダンススクール」
と検索されている数は月間約600件。
それに対して「長野ダンススクール」は月間約50件。
(いずれもGoogleキーワードプランナー調べ)

現代での調べごとはネットがメインであるから、
この数字はビジネスにおいても比例する。

長野と東京では10倍以上の差がある事になる。
実際の会員数を見ても、東京校250名に対し、
長野校は13名である。

このように事業によっては東京でなければ難しい場合もある。

遠隔操作で起業が可能

だが、私は2018年から地方都市へ移住した。

理由は、地方都市から新しいビジネスの展開が出来ると考えたからだ。
現にこの1年で、熊本、福岡、沖縄、広島と
西日本においてダンススクールオーナーに手を挙げる方と知り合えた。

毎月東京へは出張しているが、地方は東京に比べて物価も安く、
現代はネット購入も出来るのでお金も東京にいた時よりもかからない。

私はネット集客をしているので、東京にいなくても集客は可能である。

つまり、個人でも遠隔での経営が可能となったのだ。
起業するなら東京へ行かなければという必要性は無くなってきている。

もちろん、経営者であれば一度は東京で暮らしてみる事をすすめるが、
無理にする必要はなく、地方からのネット起業でも年商数億円を出す事は珍しくない。

地方出身だからという事で負い目を感じる事はなく、
地方にしか無いものを都会へ売るという事も今後スタンダードになるだろう。

地方から起業するべきメリットとは

地方起業メリット1:ネットでの集客が可能

先述したが、現代ではネットでの集客が可能となった。

ネットが普及する前は、口コミや雑誌、通りすがり等
その手の集客が主流だった。

しかし、現代では1番の集客力はネット集客となった。
残念ながらこのネット集客が出来ている経営者は少ない。

でも、だからこそチャンスなのだ。

今、ネット集客ノウハウを手に入れて
実行すれば地方にいても大きなチャンスとなる。

今こそ、ネット集客を実行して欲しい。

競合が少ない

前述した通り、東京よりも地方の方が競合が少ない。

これは何を意味するだろうか。
当然競合が少ない方が、分散されないため
集客はしやすい。

反対に競合がたくさんいると、自分の事業が埋もれてしまう。
東京のように、1日の人口が1000万人を抱える大都市では
この計算式は通用しない。

競合があっても需要が上回る事もあるからだ。

だからこそ、競合の少ない地方においては
現代のネット集客が重要となる。

地方起業メリット2:ネットで特産品が売れ

日本全国各地には、その土地特有の特産品がある。
日本には四季があり、自然も豊かである。
そして、伝統工芸品も多く残っている。

そこで、ネットが大いに力を発揮する。

今まで、各地でしか売れなかった特産品が
ネットを活用すれば日本中が販売ターゲットとなる。

これは非常に大きな革命でもある。

私の知っている熊本の企業では
馬刺しで年商数億円をネット販売で成功している企業がある。

そこの社長の実力が大きいのはもちろんだが
やはり、ネットを活用して熊本の特産品である
馬刺しを販売した事が大きい。

もちろん、ホームページにも「売れる仕組み」
がある事は言うまでもない。

地方にいながらも、店舗が無くても
特産品が売れる時代なのだ。

地方にいても、全国をターゲットにした
販売は可能なのである。

地方起業メリット3:ネットで売れる仕組みが出来る

現代ではホームページやインスタグラムでも
商品を売っていく事が可能な時代だ。

売れないと嘆いている経営者は
活用が出来ていないか、商品やサービスが悪いだけなのである。

実際私のダンススクールは
2010年から開講し、ネット集客のみで
累計3000名の入会に成功している。

現在全国14ヶ所で展開しているが
全てネット集客である。

ネット集客であれば
東京にいなくても地方や
海外でさえも仕事が出来る。

ネットで集客とマネージメントが可能な事は
私が10年間の経営を経て断言出来る方法だ。

これだけ起業をしやすい時代になったのだから
興味のある方は是非起業に挑戦してみて欲しい。

まとめ

いかがだっただろうか。

地方にいながらでも、十分に商売が可能な事が
お分かりいただけただろう。

ただし、ネットで集客や販売をするには
絶対にノウハウが必要である。

ただ、ホームページを作成しても
絶対に成功しない。

何をしたら、どうやればいいのか分からない
という場合は、プロに相談すれば解決も早いだろう。

まずは起業のプロに悩みを相談!無料相談コチラ
お問合せ