HOME >  起業成功法則第3章 副業 (1)サイドビジネス起業

起業成功法則第3章 副業 (1)サイドビジネス起業

サラリーマンをやりながら起業する

第3章では、サイドビジネスという考え方についてお伝えします。私は起業をする方に、いきなりサラリーマンを辞めて起業するやり方はおススメしておりません。今、サラリーマンをしている、アルバイトをしている、という状況であるのであれば、まずは水面下で少しずつ準備を始めてください。生活もありますから、いきなり収入源を断つのはリスクが高いです。預金もあるに越した事はありませんが、出来る限りリスクを抑えた起業が無難です。1章でお伝えした、名刺を作る、交流会に行ってみるというのはサラリーマンをやりながらでも十分出来る事です。しかし、会社によって副業禁止の会社もありますので、交流会に行く際は職場と離れた場所に行ってみるといいでしょう。まだやりたい事業内容が定まっていない、という方もいらっしゃると思います。そんな時は、自分の好きな事を事業にしてみてください。

例えば、絵を描く事が好きであれば、思い切って画家でもいいでしょう。でも、まだ見習いなんです、と言えば違和感はありません。もしかしたら、経営者の中で絵が欲しいという方もいらっしゃるかもしれません。例えば私が寝室に絵が欲しいと思っていたとします。そんな時に、画家であるあなたに交流会で会った時に、それが安値で買えるのであれば購入したいと思う事もあるでしょう。あなたの趣味が売れた瞬間、仕事になった瞬間です。実は私のクライアントにマッサージサロンの経営者の方がいました。彼女は絵を描くのが趣味だったそうで、1度拝見したところ非常にクオリティの高い作品だと思ったのです。私は素人でしたが、素人が見ても良いと思う絵もいいじゃないですか。そして、その絵を彼女のサロンに飾るよう提案したところ、お客様からも好評だったようです。このように、他人から見たらスゴイな、と思える事はたくさんあるのです。もし、カメラが好きなら写真家でもいいでしょう。同じように、まだ見習いですからと言っておけばいいのです。もしかしたら、そこでもプロフィール写真を撮って欲しいという話になるかもしれません。経営者はプロフィール写真を重視しますから、定期的に変えたいと思うものです。私もそうです。実は私のプロフィール写真は、知り合いのカメラマンの方に撮ってもらいました。本業は舞台女優等をやっている方なのですが、写真もやっていてとてもいい写真を安価で撮って頂きました。友人からは、実物と違う、と言われましたが(笑)私は写真移りが悪く、写真が苦手なので嬉しかったです。話が逸れましたが、ここでお伝えしたかった事は、交流会や人に触れて、代表者としての雰囲気に慣れる事です。名刺というのは不思議なもので、代表と表記すれば代表、営業部長と表記すれば、あなたは今日から営業部長になれるのです。私も駆け出しの頃は名刺を片手に交流会によく行っていました。そこで仕事にはなりませんでしたが、色々な方の考え等を聞けたので勉強になります。交流会で仕事を取ろうと思う必要は全く無いのですから、まずは、色々な方の話を聞いてみる、世の中の経営者を知る、それを学べる勉強だと思ってください。

起業と副業

次回-インターネットの活用-
インターネットの活用

福岡起業コンサルティングなら
株式会社プレシャスへお任せください!

机上の空論ではない、確かな経験と実績で
あなたの起業を成功させるお手伝いを致します。
まずはお気軽にご相談ください。

ますは一歩を踏み出しましょう!料金案内はコチラ
福岡起業コンサル料金案内