HOME >  起業成功法則第4(3)社長が必ず把握する

起業成功法則第4(3)社長が必ず把握する

事業を始めたうちは、それ程仕事量も多くなく、自分で動いている事なので事業全体の収支や動きの把握は出来ています。ですが、従業員が1人増え、2人増えとなると社長の業務も増えて少しずつ把握が出来なくなる事があります。これは危険な状況になっていくので、社長であるあなたが必ず把握するようにしてください。とは言え、全てを隅々まで把握するのは限界があると思うので、重要なポイント2つを把握するようにしてください。1つは、お金の動き。そんな事は当たり前と思われるかもしれませんが、このお金の流れや収支が把握出来ておらず、実際黒字倒産する会社も多いのです。黒字倒産とは、おかしな話かもしれませんが、決して不思議な事ではありません。例えば商品は売れているのに、顧客の支払が遅れていて、会社の売上にならない、利益にならない。催促しても入金がない。そんな状態が続くと、やがて会社の資金が底をついてしまいます。銀行等から借入があれば、返済が出来なくなってしまいます。私も、ダンススクールで会員様が月謝の滞納をされる事があります。例えば、会員300名いれば、月謝1万円なので月の売上は300万円です。ですが、例えば滞納者が50名いたとしたら、それだけで50万円マイナスです。当然、スタジオ費用、講師への支払はしなくてはなりません。つまり、会員様全員が月謝を滞納されたとしたら、300万円の売上が無くなるわけです。これは極端な例ですが、規模が大きくなると入金額も増えたり、取引先も増えていきます。そのお金の流れを社長がしっかり把握していなければ、気付いたらお金が無い、という事態になりかねません。取引先が増えていくと、安心してしまう事もあると思います。ですが、入金されなければ、せっかくとれた契約も意味がありません。必ずお金の流れは把握してください。

2つ目は、従業員の動きです。これも、隅々まで把握はもちろん限界があります。ですが、忘れてはならないのは前述した通り簡単に人を信用してはならないという事です。社長の知らないところで、良からぬ事を考えたり、従業員や顧客を連れて行くという事も十分あり得るからです。そこで大切になるのが、従業員とのコミニュケーションです。忙しいかもしれませんし、正直面倒と思う事もあるかもしれません。ですが、そんな時こそ従業員とのコミニュケーションが大切になるので、どこかでお茶をしたり、食事したり、時には飲みに行ってみてください。そうする事で従業員の考えている事も分かりますし、従業員も安心する事もあります。そうやって、従業員との結びつきをしっかりしておけば、変な裏切り方をする者も少なくなるでしょう。もちろん、そういう事をしっかりしていても、する人間は残念ながらいます。私もされた事があります。ですが、ある意味事業をやる、人を抱えるという事はトラブルの連続です。どこかでそれは落とし込んでまた、前を向くしかないのです。トラブルは避けられません。ですが予防する事は大切です。社長がしっかりと把握するようにしてください。

福岡起業コンサルティングなら
株式会社プレシャスへお任せください!

机上の空論ではない、確かな経験と実績で
あなたの起業を成功させるお手伝いを致します。
まずはお気軽にご相談ください。

起業は把握

ますは一歩を踏み出しましょう!料金案内はコチラ
福岡起業コンサル料金案内