HOME >  後悔しているなら今こそ

後悔しているなら今こそ

嘆いても大企業には転職できない

「もっと努力して幸せになりたかった」。
中小企業でサラリーマンをしている40代の友人は、時折、深くため息をついています。
大企業に勤める大学の同級生との年収の違いは開く一方で、やるせない思いでいっぱいだそうです。

「大企業の人がうらやましい」と嘆く人は、たくさんいるのではないでしょうか。
いわゆる大企業で働く人の割合は国内の全労働者の1割程度といわれていますので、
それ以外の規模の企業で働く労働者がほとんど、ということになります。

しかし、大企業への転職は、ただでさえ困難と見受けます。
それが40代となると、さらに厳しいものと思われます。
友人はこの先の人生、ため息をつきながら、ずっと過ごさなければならないのでしょうか。

年収増、ストレス減を目指そう

確かに大企業への転職は難しいと思いますが、彼のため息を解消することはできます
それは、起業して成功すること!
まだまだチャンスはあります。

収入を増やしたいという願望は誰にもあるかと思います。
しかし、その手段は大企業に入ることだけではないのです。
むしろ、大企業のサラリーマン以上に稼ぐチャンスがあるのが起業です。
夢があると思いませんか。

そして、起業して社長になれば、以下のようなストレスから解消されると考えます。
サラリーマンのように、理不尽なことに従わなければならないストレス
出世競争などのストレス
通勤ラッシュによるストレス

年収が上回り、さらにこれまで感じていたストレスからも解消されるとなると、起業しない手はないのではないでしょうか。

 

起業が逆転のチャンス

もちろん、起業するための努力は必要です。
しかし、大企業への転職を求めて努力しても、その夢は叶わない可能性が極めて高いと思います。
それが40代ともなればなおさらです。

いくらビジネス能力が高くても受け入れられない可能性が高いです。
やはり大企業というだけあって、能力が高い人材はゴロゴロといるわけですから。
少々能力が高いからといって、わざわざ他社から雇い入れる必要性は低いと思います。

また、企業それぞれに社風や文化がありますので、違う畑で育った中高年世代をわざわざ雇い、
新たに自社の社風に馴染ませようとするのは、なかなか困難だと思いませんか。
この世代、年々柔軟性がなくなっていくわけですから、企業にとっては敢えて雇い入れるメリットが小さいです。

ですので、今の仕事環境が不本意で悔しい思いをしている40代の皆さん、これから逆転を目指すなら起業です!
もちろん、精一杯のサポートをさせていただきますよ!

料金案内はコチラ 料金案内